« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月22日 (水)

ベジタブル物語2

裁きは下る

Cimg4026

家庭菜園から逃げ出したミニトマト達をキャンプファイヤーにしたピーマン一座の内の主犯格3個が程なく捕まった。野菜判所の第一法廷では赤いパプリカ野菜判長、黄色いパプリカ陪審員の前の被告席に座らされたピーマン3個が神妙な面持ちで判決を聞くところであった。「主文、被告を調理の刑に処す。いくら逃げたミニトマトとは言えキャンプファイヤーにするとは凄惨かつ残酷極まりない。情状酌量の余地が全くありません。調理されて罪を償いなさい」と野菜判長。うなだれる被告達。傍聴席では判決を聞いた遺族達の嗚咽が漏れる。

Cimg4031

3日後、ピーマン3個は刑場のまな板の上に乗せられ刑が執行された。完

おまけ

Cimg4018

今朝の出勤前に収穫した野菜たちです。

Cimg4020

念願のベジタブルアートです。

これがやりたかったのです。

題: 「信号機」


2012年8月19日 (日)

ベジタブル物語

逃げたミニトマト

Cimg4000_5

猫畑の家庭菜園から逃げ出したミニトマト達はうっそうとしたピーマンの森の中を一列になって転がり続けた。「俺達は好きで赤くなったわけではない。夏野菜だからといって食べられてたまるか。おい、みんな、はぐれるなよ。」先頭を転がるリーダーの声が森に響く。

Cimg4007

丸一日転がり続けただろうか。太陽が西の空に沈みかけた時、突然、彼らは森が開けた平原に出た。「これで何とか逃げ切れた。」とホッとしたのもつかの間。不運なことに、彼らはそこでキャンプの設営準備をしていた旅のピーマン一座に見つかりキャンプ・ファイヤーにされてしまったのでした。完。

2012年8月 8日 (水)

本日の収穫

Cimg3976


2泊3日で田舎に行って夕方に帰宅後、畑にみずやりついでに収穫した野菜達です。

ベジタブルアートを作ってみました。

お題: 「こんな虫は嫌だ」

連れて行かないよ。

Cimg3948

うちの会社は節電協力を兼ねて今週が全社一斉夏休み、と言いつつ全員強制的に5日間の有給休暇を取得させられているだけですが。。

休暇を利用して6日(月)~8日(水)で田舎の両親の様子を見に行きました。

月曜の朝、「ポチも行くか?」と冗談半分にお嬢様を抱えて旅行鞄の入れて見ました。

Cimg3947

何だかお嬢様が妙に落ち着き始めてきたので、慌てて鞄の外へ出しました。

Cimg39492

新横浜から「のぞみ」に乗って田舎へ。

詳細割愛。

本日(水)横浜帰着。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31