« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

家族が増えました~きなこ&くろまめ

今日は妻子と共に「横浜動物里親の会」主催の里親会へ行ってきました。 「本牧いずみ公園」で11時開始の里親会。 5分前に到着し、そこで最初にうちの子に向かって「ニャー!」言いながら強力にアピールしてきた白茶の子とその兄弟の子を即譲り受けました。 この子達といっしょに三毛の妹がいて、3匹まとめて引き取ろうかとも考えたのですが、いきなり3匹はやはり厳しいかなと、断腸の思いで2匹を選ばせて頂きました。 ただ、その妹も私達の後に別の家族が希望していた様なので、きっと無事引き取られて行ったのかな。

それでは、我が家の新しい家族を紹介しましょう。

Cimg45211

て、寝てるではないですか。

Cimg45221_3

寝てる。

Cimg45311_2

やあ、どうも おいら「きなこ」だよ。

Cimg45351

やあ、どうも あっしは「くろまめ」でござんす。

詳しいことは、以下を読んでおくんなはれ。

名前: きなこ & くろまめ 

種類: 茶トラ、白黒 

性別: 2匹とも男の子 (兄弟)

年齢: 3カ月くらい

出身: 山梨県

不妊・去勢手術: 未 (秋~冬に予定)

ワクチン接種: 2回済み

生い立ち・特徴:

4月下旬に、お母さん猫と一緒に保護される。 山梨のボランティアの保護者さんの家で子猫にとって最高の環境で育てられ、おとなしく温厚なお母さん猫から、たっぷりの愛情と猫の暮らしを学び、保護者さんからは、人間との付き合いを学んだ人懐こくて元気な子達。

名前は保護者さんが命名。 きなこ色の「きなこ」、頭に黒豆2個を載せた「くろまめ」。 とてもぴったりの名前なので、そのまま使わせて頂くことにしました。 

Cimg45241

初めての我が家でも全く動じることなく、リボンで遊んだり、居間の中を縦横無尽に走り回っております。

Cimg45301

猫キックと猫パンチの応酬であります。

きなこちゃん、くろまめちゃん、よろしくね。

2013年7月27日 (土)

ドライトマトを作ってみた。

Cimg4504

午後、畑へ大玉トマトの収穫に行った。 大きく色づいたトマトがいくつも前夜の雷雨にあたって割れたり、カラスに食べられていて収穫出来ず。 せっかく今週半ばから収穫を楽しみにしていたのに残念。

でも、こんなにたくさんの中玉トマト(フルーツトマト)とピーマンを収穫できた。

とは言え、先週までに収穫したトマトがまだ冷蔵庫の野菜室に30個以上ご就寝中。 収拾がつかなくなってきた。

大量に消費できて、私でも作れそうなレシピをネットで検索。結果、オーブンレンジでドライトマトを作ってみることにした。

Cimg4512

中玉トマト(25個)を縦に半分に切り、断面を上に向けて塩をふる。 キッチンペーパで水気を取り、オーブンレンジ140度で30分焼き、一旦、キッチンペーパで水気取り、再び40分焼いてみた。ネットのミニトマトを使ったレシピではこれでほぼ完成なのだが、中玉トマトの場合、今一つ焼けた感じがせず。 塩をふって、さらに150度で40分焼いてみた。 台所と居間がトマトの焼ける香りでいっぱいに。

そしてオーブンレンジから取り出したのがこちら。

ドライトマト(ネットの他のレシピではセミドライトマト)、と呼ぶぐらいだからもっと乾燥した感じになるイメージでいたのだが、相変わらず水分が抜けていなく生焼け感あり。焼きが足りないのか?

1番下の子供が側で食べたがっていたこともあり、これ以上長く焼くのを止めて食べることにした。

子供と2人で、爪楊枝でトマトを刺してお口の中へ。 「旨い!」「めちゃくちゃ旨い!」、これが2人の感想。 私はさっそく冷蔵庫から缶ビールを取りだし臨戦態勢へ。 熱々トマトの中はジューシー。 トマトの甘みと旨みが凝縮され、ほど良い酸味と塩加減が相まって、もうたまりません。「旨すぎるぞ、トマトちゃん!」

2人でこの1皿を一気食いした。

これはお薦めです。

2013年7月20日 (土)

トマトがいっぱい

Cimg4497

今日は11時頃から2時間程草むしり。 曇り空、気温も30度以下で比較的作業はし易かったものの、帰る頃は汗びっしょりでフラフラ状態。

さつま芋(紅東)の蔓は、一旦根付けば特に水やりの必要は無い。 ふだんの雨水だけで「さつま芋コーナー」から外に向かって蔓が地面を這うように旺盛に伸びていく。 そのまま放っておくと、伸びた蔓の途中、途中で根が生えて、栄養が分散され、そこから小さなイモしかできなくなってしまう。 その為、時々、途中で根付かないように蔓をこうやって返してあげる。 そうすると元の根っ子の方に大きな芋ができる。 秋の芋掘りが楽しみ。

左上でわさわさ生えているのは、大、中、中玉トマトの木、計3本。 写真では分からないが、どれもいっぱい実を付けている。 去年の大玉トマトの木(1本)では収穫1,2個だけ+カラスの被害でほとんど失敗に終わったが、今年の大玉トマトは1本で既に7、8個収穫、それに美味と大成功。

草むしりのご褒美は、大根(1本)、茄子(1個)、ピーマン(2個)、それに各種トマトがいっぱい。

Cimg4500

本日のベジタブルアートはこちら。

タイトル: カラフルで巨大なピーマン

2013年7月14日 (日)

夏畑

Cimg4456

暑いですねえ。

土曜の朝から昼にかけて2時間程、頭にタオルを巻いて、傾きかけた柵の補修、草むしり、水やり作業。

あまりの暑さで、畑の中に立っているだけでも汗だくです。

「これは無理したら熱中症になるな」と感じ、そそくさと野菜達を収穫し退散しました。

Cimg4458

収穫した野菜達でベジタブルアート。

タイトル: 変顔

2013年7月 7日 (日)

キュウリと大玉トマトの初収穫

Cimg4433 Cimg4434

桃太郎トマト(大玉)もフルティカ(中玉)も順調に育っています。

Cimg4436 Cimg4437

茄子もいい感じ。 

2日続けて雨が降ったので畑へ水やりに行かなかったら、1本だけ大きくなりすぎたキュウリが。。

Cimg4439

収穫した野菜達の共演であります。

キュウリとトマト(大)は、この夏の初収穫であります。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31