« L(エル)です。 | トップページ | 恵方まき&豆まき »

2015年1月31日 (土)

双頭の猫

Cimg68281_2

題: 双頭の猫

机の下を覗いたら、双頭の猫が寝ていました。

« L(エル)です。 | トップページ | 恵方まき&豆まき »

ねこ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
あーびっくりした!
小説「吉里吉里国」を思いだしてしまいました。
それともドリトル先生か!
しかし、くろまめちゃんときなこちゃんは
仲良しですね~

うお~~~!これは~@@
見た瞬間ビックリしました^^
ホントに双頭の猫ですね~!!

こんだけくっついてるのって
やっぱりくろまめちゃん&きなこちゃんが
仲良しだからですね~ヽ(´▽`)/

これは・・・。
仲の良いニャン同士じゃないと、あり得ませんね

本当に仲良しな兄妹ですねぇ~

我が家ではこのようなシーンはNGです

無理やり合成は出来るかもですが・・・キャラが変わるとイメージダウンになるのかな

こんにちは

本当ににゃんこのシャム双生児かと思いました。w(゚o゚)w

余談ですが昔ヨーロッパに見世物として
実在した頭が2人でか体が一人分の双子は
一人が活動している時はもう一人は眠って
いたそうです。相当1体しかない身体には
負担がかかっているわけですから、なるべく
負担がかからないように自然に体が機能して
いたのですね。
分離手術の場合体が一つしかない場合、どちらか
一人はまず助からないでしょうが、一部共有の場合は
成功例がけっこう多いそうです。

もし将来IPSの発達により臓器に限らず体のあらゆる
部分が復元できるようになれば、こういう人達も
ずいぶん恩恵を受けられるようになりますね。

皆さん、こんにちは。

コメント有難うございます。m(_ _)m

ふうちゃん組さん、

私も見た瞬間、ビックリでした。
子供が「何これ、ケルベロス?」と言うので、ウィキ先生に聞いたら、ケルベロスは双頭ではな、く神話に出てくる三頭の犬でした。

しげりんさん、

寝る時でさへ見事な仲良しコンビネーション、といったところでしょうか。 
次はタッチの芸「幽体離脱」をやって欲しいが、模様がち違うから無理か。。

ミヤンビックさん、

ほんと仲が良いですよ。
時々バトルを繰り広げますが、お互い手加減、噛み加減は分かってるのか、ケガ無しです。

てんこさん、

う~ん、やぱり、「ドロシー姉さんに怒られる哀愁漂うてんちゃん」パターンはキープして欲しいですな~。

クリクリパンさん、

まさかと思い、「双頭の猫」でグーグル先生に聞いてみたところ、世の中に実在しました。 長生きした子もいる様ですが、大半はすぐ死んでしまうとか。可哀そうですね。
シャム双生児では、昔、日本の医師団も分離手術に駆け付けたベトナムの人兄弟のことを思い出しました。 分離後、一人は病死されてしまったが。
生まれつき、事故、病気などで体の一部を失ってしまう方は大勢いますので、再生医療や支援ロボや装置の発達には大いに期待したいですね。 

見事に融合していますね!
とりわけ左前足は、いったい黒豆のものなのか、きなこのものなのか。素人目にはわかりませんね!
二匹で二人羽織をやる日も近い?

猫組解説委員さん、

こんばんは。
コメント有難うございます。

いつも仲良くくっついてる子達なので、一瞬、ほんとに融合してしまったのではないかと、思いました。
或いは、転送マシンで2猫別々に出かけていって、帰りは一緒にマシンへ乗り込んだばかりに、くっついて帰還してしまったのかと。
二人羽織、これはいいネタ頂きました。
練習させて、「笑点」に出てもらおうかな。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双頭の猫:

« L(エル)です。 | トップページ | 恵方まき&豆まき »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31