« あつくてこうなってます。 | トップページ | インコの湯はインコクサイ? »

2015年8月23日 (日)

ペコちゃん展

7月22日(土)、嫌がる子供と2人で神奈川県平塚市美術館で開催中の「ペコちゃん展」を観に行ってきました。

Cimg75211_2

Cimg75221_2

ペコちゃんカ―。

Cimg74731_3 

Cimg74761

ペコちゃん関連の約160種類の展示の一部を紹介します。

Cimg75101

Cimg75111 Cimg75161

Cimg74791 Cimg74801

Cimg74841_2 Cimg74991

1950年代、60年代のペコちゃん、ちょっと不気味だぞ。

Cimg74971

初期のミルキーの箱は目がクルクル動かせた。

Cimg74811 Cimg74821

不二家数寄屋橋店夜景(1963年頃)

不二家レストラン前でペコちゃんに抱きつく女の子(1950年代)

Cimg75171_2

田沼武能「ペコちゃん人形のもつミルキーの箱を狙う戦災孤児、銀座」(1950年)

Cimg75001 Cimg75011

Cimg75021_2

ポスター(1960年代)

Cimg75031

ポスター(1958年)

Cimg75081 Cimg75091_2

ホーロー看板(1950年代中頃~1960年代)

レトロでしたね~。

Cimg75181 Cimg74931

現在のペコちゃん、ポコちゃん。 

ペコちゃんの舌の位置が左右ある。。

以下は現代アーティストによる作品の一部です。

Cimg74861 Cimg74881

Cimg74911

Cimg74921_2 Cimg74961

いや~、ペコちゃん展、懐かしさと不気味さとレトロ感とアート感が満載でしたね~。

子供は昔のペコちゃんに怯えてしまいペコちゃんといっしょの写真も撮らせてもらえず、「早く出よう、早く出よう!」とせがまれてしまいました。

ペコちゃん展は9月13日(日)まで開催してますので、ご興味ある方はどうぞ。

« あつくてこうなってます。 | トップページ | インコの湯はインコクサイ? »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ペコちゃん展・・・。
レトロな感じが良いですね

ペコちゃんポコちゃん。。。てんこが子供だった頃は不二家のミルキーのキャラメルとは一味違った感触がお気に入りでしたよ
今でも店頭に出回っているのかな?

ペコちゃん車の派手なペイントもグ~です

平成生まれのヤング世代にはペコちゃんの個性的な魅力がキモイのですか
ショックです

なんだかなつかしいペコちゃんがいました。
歳がばれてしまいますが、
目の動くペコちゃんの箱入り手提げがほしかったのを
覚えています。
昔の絵って、ミッキーもムーミンもペコちゃんも
かわいいだけじゃないですよね。
でもそのほうが好きだったりして。
信楽の狸も、昔のものはけっこう野性的でした…。

ペコちゃん展なんてあるんですね!@@

ペコちゃんって永遠の6歳の女の子なんだ!
とっても羨ましいです(笑)

昔のペコちゃんの顔に~ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
なんでこんなホラー顔にしたのか謎ですね^^;
これは子供が怖がるのも納得です^^

レトロな感じとかいいですね~♪
近くに住んでたら是非行ってみたいけど無理です~><

皆さん、こんにちは。

いつもご愛読、コメント頂き有難うございます。m(_ _)m

ペコちゃん、ポコちゃん、或いは不二家のお菓子に関しては皆さんにも子供の頃からの様々な思い出があるかと思います。

5,6歳ぐらいの頃だったか、両親がデパートへお歳暮・お中元の買い出しに出かける度について行き、不二家のプリンを値だったものです。 デパートで両親が根負けして買ってくれるまで「不二家のぷり~ん、不二家のぷり~ん、・・・・」と連呼していた私でした。 不二家のプリンは、当時、本当に美味しいと感じた一品でありました。

今も好きですが、不二家のミルキーも大好きでして、良く食べていました。
高校時代、ミルキーを食べていて、普通に舐めておれば良かったのに、つい噛み砕こうとして前歯が欠けてしまいまして、そこが虫歯になり、結局、高校生で早くも挿し歯人になってしまいました。
皆さん、ミルキーは噛んでは駄目です。素直にお口の中で舐めていましょう。

さて、ペコちゃん、ポコちゃんに話をもどします。
1950年当時の日本ではおそらく斬新だったであろうあのキャラクターデザイン、実はアメリカのバード・アイ社(BIRDS EYE)の広告キャラクター画を(同社の許諾無しに?)人形用のキャラとして流用したものだったのですね。 即ち、ペコやんもポコちゃんも元はアメリカ人なのであります。

Merry(メリー) = ペコちゃん
Mike(マイク) = ポコちゃん
となります。

「ペコちゃん疑惑」他でネット検索すれば原画が見られますが、いや~そっくりそのままですね。
元々の画がちょっと不気味・怖めなので、「流用すればそうなるわな」と納得しました。

私はペコちゃん、ポコちゃんのあのぽちゃっとしたホッペのキャラが好きです。
年月を経てデザイン的に垢ぬけもしてきましたことですし、不二家さんにおかれましては、これからも同キャラを使い続けて欲しいです。

ところで、永遠の7歳のポコちゃんがオッサンになるとガリガリ君になるのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペコちゃん展:

« あつくてこうなってます。 | トップページ | インコの湯はインコクサイ? »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31