« 読書の秋が過ぎても、私を離さないで | トップページ | サンタクロース »

2017年12月10日 (日)

赤ずきんちゃんとオオカミ

151208011

作品No.49  赤ずきんちゃんとオオカミ

大人になった赤ずきんちゃんとオオカミさんを描きました。

猫麻呂画伯の童話:

500年前にお婆ちゃんがオオカミさんに食べられてから現代に至るまで、赤ずきん一族とオオカミ一族はお互い壮絶な戦いを繰り広げてきた。

ある時はオオカミさんに食われ、ある時は赤ずきんちゃんに撃ち殺され。 やられたらやり返せ。 倍返しだ!

復讐が復讐を生む。戦いの日々が延々と続いた。

そして今、第20代赤ずきんちゃんと第50代オオカミさんはそんな戦いの虚しさ、無意味さに気付き、お互いの強さを認め合うようになった。

ふたりは手を組んで森の悪魔と戦う様になったとさ。

« 読書の秋が過ぎても、私を離さないで | トップページ | サンタクロース »

お絵かき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
オオカミさんかわいい!
眼や口元のあたりが、素敵です。
一方の赤ずきんは、自立した女性という感じ。
現代の童話は面白いです。

赤ずきんちゃんとオオカミ・・・。
仲良くなったんですね
今回も力作ですね

画伯現代童話、わろたー!( ̄ー ̄)ニヤリ
絵だけ見て、赤ずきんちゃんが大人ジャマイカ!と思ったら
第20代の大人の赤ずきんさんでしたー!
お互いを尊重しあい、森の平和に向けて頑張って欲しい!
絵だけ見ると、赤ずきんさんの方が強そう(笑)

皆さん、こんばんは。

ゴシック音楽をBGMに書いてます。
寒いですね~。
寒い時は「おでん」ですね~。
「おでん」を食べて寒い冬を乗り切りましょう。

いつも本ブログをご覧頂き有難うございます。m(_ _)m

ふうちゃん組さん、

オオカミさんの表情は優しそうで、ちょっとニンマリ笑ってるみたいですね。 
赤ずきんちゃんは、映画「赤ずきん」の赤ずきん役の女優さんの写真を見ながら描きました。その映画は見たことないのですけど、恋するイケメン男子に化けたオオカミと戦ってる映画みたいです。 違ったらすみません。


ミヤンビックさん、

最初、オオカミ+背景を月にしようか?とも考えたのですが、「オオカミと言えば、オオカミと言えば・・・おおーそうだ。赤ずきんちゃんだ!」と思いついて赤ずきんちゃんにしてみました。
赤ずきんちゃんの目、特に左目がいまひとつ怖いんですよ。
もっと丁寧に描けば良かった~と反省中です。
オオカミさんの表情から、実は仲良くなったと見せかけて、赤ずきんちゃんを食べようと企んでるのかもしれませんよ。


二階堂さん、

実は今回の童話にはブログUP後に気付いた矛盾点がありましてね。「・・・そんな戦いの虚しさ、無意味さに気付き・・・」ながら共同して戦い始めとるやんけ、という点であります。
しまった、落しどころを間違えたか!
悪魔は例外か?
やっぱり落しどころはもっと平和的、コミカルに且つ奈落の底へ落すべきだったか?
例えば、
①「ふたりは手を組んで大阪でたこ焼き屋さんを始めました」
②「ふたりは手を組んでマイムマイムを踊り出しました」
③「ふたりは結婚して、産まれた子の名前をケンと名付けました」
※白黒テレビの時代に「オオカミ少年ケン」というアニメがありました。
とか、
妄想しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ずきんちゃんとオオカミ:

« 読書の秋が過ぎても、私を離さないで | トップページ | サンタクロース »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31