« ビール片手にソフトボール観戦(日本vsカナダ) | トップページ | 7月28日はウチに猫らが来た日 »

2021年7月26日 (月)

体操男子団体~日本銀メダルおめでとう♪

Cimg94231

体操男子団体結果:

金メダル: ROC(ロシアオリンピック委員会)262.500 

銀メダル: 日本 262.397

銅メダル: 中国 261.894

日本の合計点数は262.397で金メダルのROCにわずか0.103ポイント及びませんでした。

3か国共、全員大きなミスが無くてかなりの接戦で、日本は4種目を終えたところでROCに3ポイント差、中国よりも下でしたが残りの平行棒と鉄棒で追い上げてROCの最後の床の演技者の結果待ちでした。

日本の最後の演技、鉄棒の最後の演技者の大橋選手の鉄棒は圧巻でした。

Cimg94221

ROCはロシアの国旗を掲揚できなくて、国家ではなくチャイコフスキーの音楽が流れました。

Cimg94211

 アブリアジン ベリャフスキー ダラロヤン ナゴルニー 

 ※名前と写真の並びとは異なる

金メダル獲得のROCの選手達です。床の最後の演技者は得点が出るのを待つ間、手を合わせて涙ぐみながら祈ってました。

Cimg94201

そして、日本の団体メンバーの4名です。中国と同じ組で、床⇒あん馬⇒吊り輪⇒跳馬⇒平行棒⇒鉄棒の順で、各種目につき4名から3名を選出の上。演技をして得点を競いました。予選の時は4名全員演技して得点の高い3名分を点数にしてたのが異なります。因みに、予選では日本は1位通過でした。

Cimg94241

  谷川選手 北園選手 萱選手 橋本選手

全員、5輪初出場で北園選手は18歳、橋本選手は19歳。

橋本選手はこの後、個人総合にも出場します。

とにかく皆大きなミスも無くよく頑張りました。皆、金メダルではない悔しさよりも最後までやり切って銀メダルを獲得できた嬉しさで涙ぐんでました。

体操日本団体選手の皆さん、銀メダル獲得おめでとうございます♪

そして、おじさんに元気を分けて頂きまして有難うございます。

最後に、昔の話ですが、私、中高時代に器械体操をやっておりまして、高校時代に地区大会で優勝して県大会に出た時に審判員の1人が元五輪体操選手(笠松選手)でして、試合後に恐る恐るサインをおねだりしたら着てたTシャツの背中にサインして頂けてすごく嬉しかったのを覚えています。試合は惨敗だったけど、私にとって良い思い出なのであります。

<(_ _*)>( ^ω^ )(/・ω・)/

※コメント欄は閉じております。すみません。。。<(_ _*)>

« ビール片手にソフトボール観戦(日本vsカナダ) | トップページ | 7月28日はウチに猫らが来た日 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30