お絵かき

2022年5月22日 (日)

異世界の猫

200519011

 水彩色鉛筆画だにゃん (原画Size 287mm x 202mm)

作品No.163 異世界の猫

異世界の星の地下都市で暮らす猫さん達を描きました。★🐈

( ^ω^ )

猫麻呂画伯のメル変話:📖🖊

猫歴500年、数万匹の猫を乗せた猫族の民間宇宙船が新たに発見した惑星に向けて飛行中、敵対する銀河犬帝国軍の砲撃を受けて半壊するも、何とか帝国軍の追跡を逃れとある辺境惑星に不時着した。猫達は無事であったものの、宇宙船のエンジンが壊れ修理不能となり2度と宇宙へ飛び立つことができない状態であった。また、通信装置も壊れてしまい母星への救助要請もできなくなってしまった。

この惑星は気温50度以上、大気が薄くてとても哺乳類が住める環境ではなかった。また辺境とはいえ銀河犬帝国の勢力圏内であった為、発見されて殺される危険性があった。

そこで猫達は惑星表面ではなく地下に都市を建設し銀河犬帝国に見つからない様、隠れ住むことにした。幸い開拓移民船であった為、コロニー建設用の重機、器材は十分にあった。

さっそく地下都市建設に着手したものの、猫族は元々1日の大半を寝て過ごすので作業がなかなか進まず、完成までに100年を要した。ただ、完成した地下都市はまるで外にある都市のような環境と美しい外見を誇っていた。地下都市は他にもいくつか建設され、各都市には梯子を上って地上の様子を探る穴が設けられた。もちろん敵の発見を恐れて穴の蓋は地上と同様の擬装が施されていた。

それから500年、猫達の子孫は平和で住み易い地下都市が自分たちの住む世界だと思い込み、遥かなる母星や銀河犬帝国の存在はすっかり忘れてしまった。

猫達は天井の穴の意味も分からずに、時々、梯子を昇っては外の劣悪な環境の世界をぼんやりと眺めるのだった。

おしまい。

(=^・・^=)

2022年4月27日 (水)

カトパンさん

200424011

   鉛筆画です(Size 287mm x 202mm) 

作品No.162 カトパンさん

フリーアナウンサーの加藤綾子さん(愛称:カトパン)を描きました。

カトパンさんは私の好きなアナウンサーのひとりです。👧

今は夕方の「Live News イット!」(フジテレビ)のメインキャスターを務めています。

お天気コーナーでガチャピンが登場する時などの笑顔に癒されます。

似てるか、似てないか。う~ん、微妙かな?

ネットの写真を見ながら描いたのですが、トレースではなく私が見た感覚で描いてるので、実際よりちょっと丸顔になってしまったかな。何かアイドル歌手グループにこんな顔立ちの女の子いそう。

カトパンさん、これからも応援します。頑張ってください!

( ^ω^ )

2022年4月 5日 (火)

戦士と猫

20040201-1

  水彩色鉛筆画だにゃん (原画Size 287mm x202mm)

作品No.161 戦士と猫

異世界の戦士と彼の愛猫を描きました。

昆虫みたいな仮面だけど中身は人間です。

( ^ω^ )

猫麻呂画伯のメル変話:📖🖊

ここは異世界の辺境伯の領土。

この地の森には魔族が棲んでおり、年に数回は魔族が城や村々を襲うことがある。

そんな時は城や村々を警護する戦士たちが魔族と戦い追い払うことになる。

彼もその戦士のひとり。

彼が1日の見回りの仕事を終え宿舎にもどると、彼の愛猫が嬉しそうに走ってきた。

愛猫がぴょんと彼の肩の上に飛び乗り、喉をゴロゴロ鳴らせながら言った。

「遅いにゃ。お腹空いたにゃ。早くカリカリ食べたいにゃ♪」と。

彼は心の中でつぶやいた。

おかえりなさいぐらい言え、こんにゃろめ~」と。

でも可愛いから言わない。

そっと愛猫を撫でるのだった。

おしまい

2022年2月12日 (土)

般若心経

200210011

 水彩色鉛筆画+筆ペン文字です。(原画Size 287mm x 202mm)

作品No.160 般若心経

コロナ退散を祈願して般若心経を描きました。👹

昨年の2月は洋風なアマビエ様を描きましたが、今回は和風の般若様で。

般若の面は水彩色鉛筆で描きました。

般若心経は筆ペンで書きました。

高校3年生の時の書道の授業で写経を何枚か書いたことがあります。その中で1番上手く書けたものを書道の先生が生徒の受験の合格祈願の為に近所の寺に奉納してくれたことがありました。そんな昔のことを思い出しつつ。

( ^ω^ )

2022年1月18日 (火)

迫りくるトラ

200116011

 水彩色鉛筆画ですガオ~ (原画Size 287mm x 202mm)

作品No.159 迫りくるトラ

今年最初の作品、今年の干支のトラを描いてみました。

トラの絵は初めてですが、いつもトラの手下の猫さんの絵を描いてるのでまんずまんず上手く描けたかな。

迫力ある雰囲気、今にも飛びかかってきそうな雰囲気を感じて頂けたら良いな~。

トラだけに色々トライしていきたいですな~。

( ^ω^ )

2022年1月10日 (月)

トラの絵はまだ途中です

今年の干支のトラの水彩色鉛筆画を描いてますが、まだ途中であります。

Cimg95881

こんな感じです。

ネットで拾ったトラの写真をPC画面に映して参考にしながら。

今日は曇ってるし、ナイトコアというジャンルの音楽をユーチューブで聴きいてテンション上げながら。

今はトラの下半身をどう描こうか、背景はどうしようか、と思案中です。

迫力あるトラが描けると良いのですが。。。

1月末までに仕上げたいですな。🐯

Cimg95891

     きなこ(きなちゃん) オス 8歳

「遅いにゃ~ 早く描くにゃ!むにゃむにゃ・・・」(きなこ)

そんなことは関係なく、柄がちょっとだけトラのきなちゃんが後ろで平和に爆睡中です。

( ^ω^ )

 

2021年12月23日 (木)

白猫のサンタさん

191221011

 水彩色鉛筆画ですにゃ(原画Size 287mm x 202mm)

作品No.158 白猫のサンタさん

クリスマスに因んで白猫のサンタさんを描きました。

とは言え、白猫のサンタさんは小さな後ろ姿で控えめにし、スチームパンク風のソリを全面に出しました。

トナカイではなく怪しげな蒸気エンジンで飛ぶソリです。

そのソリを浮力で支える気球にはメルヘン風の要素を入れ猫の顔をあしらってみました。

気球の顔の左側からちょろっと出てるのがシッポです。

空高く飛び立って行く白猫のサンタさんは、これから皆さんのお家にプレゼントを配りに行きます。

間に合うかな? お礼のカリカリを準備してお待ちください。

( ^ω^ )

 

2021年11月29日 (月)

猫のガントレット

19112601-21 

  水彩色鉛筆画だにゃん (原画size 287mm x 202mm)

作品No.157 猫のガントレット

猫のガントレットを描いてみました。

ガントレット(gauntlet, gantlet)とは中世ヨーロッパなどの鎧の一部で、手を防護するために着用する手袋状の防具。籠手(こて)

米国映画のアイアンマンが身に着けてるのもガントレットです。色が鮮やかなので少しその要素を取り入れさせて頂きました。

ガントレットはスチームパンクにも通じる部分もあったりして好きです。

( ^ω^ )

 

猫麻呂画伯のメル変話:🖊🧤🐈

西暦2500年、暗黒星雲から襲来したサイロン人によって地球を含む太陽系連邦の各惑星は壊滅的な状況に陥っていた。

恒星間航行を難なくこなす高度な文明を持つサイロン人は想像もつかない兵器を使って容赦なく攻撃してきた。

一方、太陽系連邦はまだ恒星間航行の達成には至っておらず、惑星間航行レベルの戦艦では敵の戦艦のスピード、堅牢さ、攻撃力において全く歯が立たない有様であった。

とはいえ、上陸して来たサイロン人兵士に対しては何とか互角に戦うことができた。それは人間兵ではなく猫兵の活躍に依存するところが大きい。

その中の1匹、太陽系防衛軍第22猫師団(通称:にゃんにゃん部隊)所属の我らがタマ少佐は猫足で音もなく敵兵に近寄っては、腕に装着したガントレットで強烈な猫パンチの連打を打ち込み、鋭利な超合金の爪で引き裂いた。タマ少佐が仕留めた敵兵の数は数千にも及ぶだろうか。その功績によりタマ少佐は中佐に昇格した。

(おしまい)

2021年10月10日 (日)

猫娘と猫 

191008011-2

  鉛筆画だにゃん (原画size 287mm x 202mm)

作品No.156 猫娘と猫

久しぶりの鉛筆画です。B4の鉛筆と水彩色鉛筆(黄と白)のみで描きました。

優しい猫娘さんと猫さんの心の交流を感じて妄想頂けると嬉しいな♪

( ^ω^ )

猫麻呂画伯のメル変話:🖊 👧🐈

ここは不思議な猫の世界。

10歳までの猫は人間の世界と同じ猫の姿をしています。

10歳の誕生日を迎えた日の翌朝、目覚めた瞬間、人間に近い姿に変わります。

人間に近い姿になった猫は10歳になる前の猫達のお世話をします。

猫娘: 「10歳の誕生日おめでとう♪」

猫娘: 「明日の朝、君はどんな姿に変身するのかな?楽しみだね♪」

猫 : 「にゃ~ん♪」

 

2021年9月12日 (日)

モッコさんと猫

19091001-21    

    水彩色鉛筆画だにゃん (原画Size 287mm x 202mm)

作品No.155 モッコさんと猫

東京オリンピック・パラリンピックの公式文化プログラムの一つで、「東北復興」をテーマに作られた高さ10mの巨大操り人形「モッコ」が東北から東京に向けて旅をしました。

そのモッコさんに猫を添えて描いてみました。

( ^ω^ )

↓こちら、残念ながら無観客となってしまいましたが、東京到着時に開催されたイベント映像です。

しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ 、そして世界へ - YouTube

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31