お絵かき

2020年2月11日 (火)

見返り美猫

180208011

                                                        水彩色鉛筆画ですにゃ

作品No.134 見返り美猫

美猫かどうかわからんけど、う~ん、ちょっと色が薄すぎた。

もっと濃くハッキリと描き込めば良かったね。

或いは、これはこれで良いのか。。。。

水彩画っぽい。。。う~ん微妙。。"(-""-)"💦

しょうがない、今回はこいつをおまけにつけておこう。

Cimg91131

            きなこ(きなちゃん)

お絵描き中ずっと私の後ろで寝てた猫。

2020年2月 2日 (日)

ねこいっぱい

🎨

 

180130011

                 水彩色鉛筆画ですにゃ

作品No.133 ねこいっぱい

猫麻呂画伯なので「今回は1枚の紙に猫の顔をいっぱい描くぞおおお」と思い描き始めたはいいが、いや~疲れました。

🎨🐱😵

2020年1月13日 (月)

ねことねずみ

180110011  

                    水彩色鉛筆画だにゃん

作品No.132 ねことねずみ

う~ん、最初のネズミ(ヒマワリの種持ってる子、タヌキじゃないよ)を描いた段階で上手く描けず。

あとはもうグズグズになってしまいました。💦

「ねずみさん達、こっち見てないで後ろ見た方がいいよ!」(猫麻呂画伯)

2020年1月 2日 (木)

ねずみの輪舞曲(ロンド)

171230011

                        水彩色鉛筆画だちゅー

作品No.131 ねずみの輪舞曲(ロンド)

2020年(令和2年)はねずみ年であり東京オリンピック・パラリンピック開催の年ですね。

という訳で、ねずみがクルクル回りながら踊ってる絵を描いてみました。🎨

床の模様と色は東京オリ・パラのロゴを意識しています。

クルクル回り過ぎて目が回って、空間が歪ん見えてきました。😵

2019年12月28日 (土)

【冬のケベック旧市街】(原画)の納品+プロ宣言しますだ!

作品No.129 【冬のケベック旧市街】(水彩色鉛筆画)の原画をブロ友のなかっちょさんに購入頂けました。

12月27日(金)になかっちょさん宅に無事郵送着、本日28日(土)、なかっちょさん宅の階段ギャラリーにて素敵にお飾り頂けました。

↓こちらでございます。

Nekomaro11

なかっちょさん宅の階段ギャラリーに到着。

Nekomaro21

階段を昇りながら鑑賞。

Nekomaro3

作品No.129 【冬のケベック旧市街】(水彩色鉛筆画)

木のフレームに入れて頂きました。

なかなかいい感じです。

ギザギザは切り取らずに敢えて残されたのですね。

Nekomaro41

この子(作品)、お友達(他の作品群)と並んでお飾りされて、とても幸せそうです。

「いいかい、お友達と一緒に階段ギャラリーのお客様をしっかりお・も・て・な・しするんだよ」(猫麻呂画伯)

なかっちょさん、

この度のご購入、誠に有難うございました。m(__)m

2017年1月から(色)鉛筆画をこつこつ描き続けて3年目の終わり(2019年12月)に至り、これが私の絵(原画)の初販売となりました。そして、なかっちょさんは初の購入者となりました。

 

プロ宣言しますだ:

え~、従いまして、「お代を頂く=プロ」という私の勝手な定義に基づき、不肖、猫麻呂画伯はここにプロ宣言させて頂きます。

今後も作品を掲載して参りますので、皆さんお気軽にご鑑賞頂ければ幸いです。

勿論、原画のご購入も随時受付中でございます。m(__)m

2019年12月24日 (火)

犬のサンタさん

171221011

             水彩色鉛筆画だワン!

作品No.130 犬のサンタさん

今日はクリスマス・イブですね。🎄

ということで先週末から描き始めて先程やっと完成しました犬のサンタさんです。

「はああああ、配達時間に間に合ったあああ」と犬のサンタさんが申しております。

「やったあああ、間に合ったね、ばんざあああい!」とスノーマン君も喜んでおります。

クリスマスツリーの下か窓際に靴下ではなく、ドッグフードをお皿にてんこ盛りにして置いておくと、犬のサンタさんが来るかも。ドッグフードを完食した後、プレゼントの骨を置いて帰るかも。

( ^ω^ )

2019年12月15日 (日)

冬のケベック旧市街

171212011

                         水彩色鉛筆画なのだ

作品No.129 冬のケベック旧市街

「クリスマスシーズンなので何かそれっぽい街の絵でも」と思い、ネットで見つけたカナダのケベック市の旧市街の写真をお手本に描いてみました。🎨🎄

もっとシャープで稠密で写実的な絵を描こうとしたのですが、先週から描き始めて「わ、ぐちゃぐちゃだ。だめだこりゃ!」状態になり、途方に暮れながら修正した結果がこれであります。

なかなか難しいですね。💦

カナダ東部のケベック州の州都、ケベック市の旧市街は、高校生の時に1人旅で訪れたことがあります。冬ではなく初夏だったかな? 昔のフランスの下町風?なお洒落な街なんだけど、自分含む観光客だらけでした。

当時、日本の高校を休学して、ロータリー交換留学生としてカナダ中部のマニトバ州の州都ウィニペグ市から北に800Kmの地にあるトンプソン市という人口1万5千人のニッケル鉱山町のロータリークラブ会員のお宅にホームステイし、現地の高校に1年間通ってました。帰国前に「カナダ国内、東部を旅行したい」と言ったら「じゃあ、クラブで交通費だけ出してあげる。宿泊先は現地のクラブ会員のお家にホームステイでね!」ということで、約1週間ほど旅行させて頂きました。その際、ケベック市の他に首都オタワ市やトロント市にも行きました。1人で飛行機、電車、バスを乗り継いだり、歩き回ったり、現地の会員の家族と交流したりと良い思い出、経験となりました。( ^ω^ )

2019年12月 1日 (日)

犬みたいな鹿さん

171128021

                         水彩色鉛筆画だべさ

作品No.128 犬みたいな鹿さん

先に描いた4頭の鹿さんはサイズが小さかったので、今回は1頭を大きく描いてみました。🎨

あれ? そう言えば、鹿って1頭2頭・・で数えるのかな、1匹2匹・・で数えるのかな?

何だか角をなくすと、こんな感じの犬いたような?

2019年11月24日 (日)

多色に囲まれて驚く猫

171121011

                        水彩色鉛筆画にゃよ

作品No.127 多色に囲まれて驚く猫

驚いて開いた口が塞がらない猫を描きました。🎨

背景のアイデアが浮かばなかったので、試しに今回使った「ダーウェント」の水彩色鉛筆(72色)の全色試し塗りをしてみました。これはこれでポップ感ありますかね。

各水玉の上がそのまま塗った色、下が水をつけて塗った色です。

芯が柔らかくて描きやすく塗りやすい色鉛筆なのですが、ちょっと癖がありましてね。

先ず、鉛筆のお尻についているサンプル色と芯の色が異なる。次に芯の色と紙に塗った色が異なる。さらに、水をつけると大きく変色する色がある。

なので、「これ茶色かな?」と思って塗ったら紫色だったり、「紫色かな?」と思って塗ったらピンク色だったり。。。茶色で塗ったつもりで水をつけたら赤に変化してしまったり。。。 芯が柔らかくて塗りやすいし、水にも溶けやすいし、色んな色が出せそうなのは良いけど、なかなか癖があって面白い色鉛筆です。

「あ、この鉛筆、そろそろ削ろうか」と思って、家の手回し鉛筆削りの穴に挿したら、「あれ?奥まで入らない!」。そう、日本の普通の鉛筆よりも一回り太くて削れないのです。全然気づかなかった。。。これは、鉛筆削り用にナイフかカッターナイフを買わなきゃね。私が小学生の頃は、既に手回しや電動の鉛筆削りはあって使ってましたが、並行させてナイフでも削ってましたので問題なしです。

そんな訳で、今回、猫が紫色になってしまいました。( ^ω^ )

2019年11月18日 (月)

晩秋の雄鹿

171115011

                      水彩色鉛筆画

作品No.126 晩秋の雄鹿

晩秋と言うか、もう冬ですかね。

ネットで見つけた晩秋の森に集う雄鹿の群れの写真をお手本に描きました。🎨

木はだいぶはしょってますが。💦

う~ん、森って感じじゃないね~。

林かな?

いや、木が2本生えてるだけやん。。(;´Д`)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29